2016.08.28 Sunday

あさになったので まどをあけますよ

0

    あさになったのでまどを あけますよ

     やまは やっぱり そこにいて
     きは やっぱり ここにいる 
     だから ぼくは ここがすき

     きみのまちは はれてるかな?

     

    大好きな荒井良二さんの絵本の一節です。

     





     20代まだ就職したての頃、当時一緒に住んでいた妹と北海道を巡る旅をしました。

     東の釧路市場でイクラをたっぷり、
     北の網走刑務所で蝋人形に震え、
     西の海岸線から見えた光る海に電車を飛び降りる。

     さっき車内で喧嘩したばかりの私と妹は数十メートル離れて歩いていたのだけれど
     「ウニ食べない?」っていう密漁のおじさん達の一声で仲直りをしました。

     青春18切符での気ままな旅、
     それから自転車で美瑛の町をひたすら漕ぎました。

     どこまでも広がる丘にのびのびと枝を揺らす木々。
     赤や黄の入りはじめた木の葉と大地が青い空に映えて、
     ただ息を吸い込むだけで言葉に出来ない幸福感。
     アップダウンがあっても全く苦にならない。

     そしてそこにある家と人の佇まい。

     「なんで私東京に暮らしているんだろう?」

     ふと思いました。

     地球上にはまだ見ぬ景色が無数にあって、
     何処に住むかは自分で決められる。
     そんな当たり前のこと、
     それまで気づきもしなかった。

     「いつか自分の大好きな場所見つけて、そこに暮らそう。」

     そう心に決めた瞬間でした。


     それからずいぶんと時がながれ、いろんな事がありました。

     家族も出来たし、震災もあった。

     暮らしを見直す人はどんどん増えて、
     身近な友人が故郷や新しい土地に根ざし生きる姿を見るにつれ、
     居ても立ってもいられないような気持ちになる。
     会いに行けばその想いはますます膨らみます。

     仕事はもちろんつくりつづけて生きたいのだけど、
     それと同じくらい大切なこと、人間として、おそらくそれ以上に動物として、
     身に合う暮らしを求めたい。

     こども達の生きる力も、どれだけ変わってくることだろう?


     移動や通信手段も手軽さを増して、
     仕事の仕方は以前では考えられないくらい選べるようになっている。

     もしわたしが独り身ならば、すぐにでも何処かへ飛んで行く。

     だけど今の自分の幸せがあるのは家族や友達のおかげだとよく分かっている。

     でも何か方法があるはず、そんなことばかり考えていました。

     日々の細かなことはインスタやフェイスブックに任せて、
     ブログでは考え方の芯となる様なことを書き留めておきたいと思っているのだけど、
     あまりにもプライベートすぎて不確実すぎて、一年半もの間更新することが出来ませんでした。


     でも、、、

     

    家族には今、それぞれやりたいことや、やるべきことがある。

     友達がまわりにいて、良い学校がある。

     それなら今あるご縁を大切にするべきじゃないのか。



     そう思って覚悟を決めた途端、出てきたんです。

     住みたい、と家族皆が喜ぶ家が。

     すぐ側に。


     古いけれど、しっかりした造り。

     風が抜けて光が差し込む。

     お庭には果樹が植えられ植物に囲まれて、
     大家さんが愛情込めて住まわれたことが伝わって来る素敵なお家。


     どこかもっと遠くへ、と願いながら、
     私は今まで住んでいた家も好きでした。
     越してきたばかりの時はまだ隣が竹薮で、
     鶯の鳴く声で目覚める朝も。
     窓からは一本の木が見えて、いつも元気をくれた。
     ベランダから見下ろせば紫陽花が咲いて
     梅雨の晴れ間には陽に温められたお布団にもたれしばし眺める。

     こども達はまだずいぶん小さかったから大変だったけど、
     日に日にコミュニケーションがとれて個性が際立っていく様を一緒に過ごすのは
     忙しくも楽しい幸せな毎日でした。

     だけどその六年の間に竹薮は立派なマンションになり、
     向こうの生垣の木は三本のうち二本が間引かれすかすかに。
     出る直前には紫陽花もツツジもハナミズキの木も伐られて土は防草シートで覆われました。
     雨の音はしとしとではなく、大きな傘に落ちるみたいにバラバラに。
     虫は減るだろうけど、太陽に熱せられた空気は部屋を暑く不快にすると思う。

    願わくばあの木が伐られんことを。

     小さかった子供たちはいつの間にか特に上の子がのびのびと伸び、
     下の子はまだちんちくりんだけど気持ちは立派、
     頭を蹴られながら家族皆で寝るのも限界が来ていました。

     歩けば足をぶつけて小指の爪はもうなくなりそうだし、
     写真を撮ればドアの取っ手やコンセントが写ります。

     作品も知らず知らずのうちにせせこましいものにならないか。



     もっと自然のある場所に、と願いながら
     蝉が飛び立てばビクッと縮こまり(ほんとは蝉こそ私のことが怖いのだろうけど)、
     玄関わきの枯れていく球根植物に群がる芋虫をよけながら見てみぬふり、
     雨戸の戸袋に出入りする蜂に何も出来ない、、

     本当に思い描く生活が出来るのか、この家で家族皆で実験です。


     そして私はこれからは少しづつ、家や子供最優先から、
     仕事にかける時間を増やして行きたいと思っています。

     やはり私が何か人のお役に立てるとしたら、
     つくることやデザインすること、アイデアを出すことだけだと思うから、
     そこを磨いて行きたい。

     目の前にあることに全力をそそいで、
     人と繋がって行きたい。

     今はこの場所を大切に、

    夢は少し先の未来に、
     そしていつでも動けるように、
     健やかでありたい。

     

     

    新しい家は開ける窓がたくさんあって嬉しい。

     

    思いがけず念願だった朝陽が、電線越しにだけど見える。

     秋にはお楽しみのピアノもやってきます。

    2014.07.07 Monday

    ちょっといいこと

    0



      あと二週間もすれば夏休みだなんて。

      娘ふたりが小学生になり、PTAの役員にもなっちゃって学校へ行く機会が増えています。
      顔を見せると喜んでくれるのは今のうち、がんばろうと思うけど。

      そんな中、我が家にちょっといい事がありました。
      いやちょっとじゃないな、すごくいい事です。

      新しいダイニングテーブルがやって来たのです。

      「我が家」なんでいう言い方は分不相応な感じがして普段は使わないのだけど、
      チェリーの無垢で作られたずっしりとした佇まいは、そう呼ぶに相応しい立派なものです。

      今までのものは私が学生時代、千葉パルコのリサイクルショップで2000円くらいで買ったもの。
      明るい色合いの伸縮式、妹との二人暮らしのときにもたくさん活用したし、
      3センチ程の寄木の天板は、ランダムな革のカットの時に平行を出すのにとっても便利でした。
      そこでたくさんの作品を生み出してきたし、
      娘たちがくちゃぐちゃと離乳食も食べてきたから、なかなかに思い入れがあります。

      でもとにかく小さい。
      こどもが大きくなるにつれ益々小さい。

      家族でお鍋を囲めばキツキツで、補助台が必要。
      私が何かしていたら子供たちは何も出来ないし、
      子供たちが何かをはじめたら私は片付けするしかない。
      誰かが遊びに来てくれた時にはキャンプのテーブルを出して座ってもらっていました。

      だからずっと大きなテーブルが欲しかったのです。
      そしてずっとずっと使えるものを。

      デザインを志すようになった頃から、雑誌やインテリアショップにある素敵な家具を眺めては、
      こんな高価なもの普通の人買えないよなと思いつつ、でもいつかは私もと憧れていましたが、
      ついに清水の舞台から飛び降りてしまいました。

      削りだされたばかりの無垢の木は本当にいい香り。
      自然の中で悠々と育った木が今ここにあるなんて、そう思うだけで感謝の気持ち、
      大切にしようと心から思います。

      私は少なくともこれを30年、こどもに受け継いで60年使いたい。
      もしかしたらその先だって。
      毎日の晩酌もいいけど、こういう贅沢の仕方もいいよね、
      私はそういう生活をしたい、ってずっと思ってきました。

      でも私がどうしてもこんなテーブルが欲しかったのは、家具屋で働いていたから。
      職人さんがどれだけの時間や愛情をかけてその家具を生み出しているかということを、ずっと見て来ました。
      ひとつの家具を作るのには本当にたくさんの工程があって、
      そのどこにも手は抜かない、抜けない、魂のこもった家具。
      しかも心を込めているのは職人さんだけではない。

      確かに○十万という金額は高いです。
      だけれど本当は全然高くない。
      今はなんでもお手軽なものが手に入るけれど、それとは全く別の価値観で作られています。

      もし使う人にとって「こんなものをこれくらいの値段で欲しい。」というところからものづくりをしなければならないとすると、
      残念ながらそれをつくる人は、分かり易く時給に例えるなら500円以下で働かなければ成り立たないんじゃないかな。
      家具だけじゃない、例えば縫製に関していえば200円きるかも。
      そうなると日本でものづくりをすることは不可能。
      真剣にいいものをつくろうと思うほど、仕事としては成り立たない。
      実際多くは海外に流れて、そこでも過酷な労働環境をつくりだし、粗雑なものが生み出される。

      でもそうではないものを愛する人もたくさんいて、最近また見直され増えてきていると思う。
      価値はどこにあるのか。
      価値をどう伝えるのか。

      私もそうありたい。



      話は変わるけど、私達夫婦はよく喧嘩をします。

      彼はせっかちで私はのんびり、彼はブラインドが好きだけど私はカーテンが好き、
      全くタイプが違っている上にお互いにこだわりがあり、
      自分の意見はきちんと言うべきと思っているからついついぶつかってしまいます。
      近くにいる家族や友達はよく知っていて恥ずかしくなっちゃうくらい。

      でも最近それじゃあいけないなあ、って身にしみるようになりました。
      下の娘はものすごくこだわりの強い子です。
      まだ一年生、例えつじつまが合わなくても周りの提案や意見に対してすべて反対意見をぶつけてきます。
      正直、とっても面倒くさい。。
      でもこれって親を真似してるんだよね。。
      このまま大きくなったらこの子は一体どんな大人になってしまうんだろう??
      信念をもつことは大切だけど、柔軟さを身につけないと、一人ぼっちで淋しい思いをするんじゃないかって。
      誰かと何かを成し遂げる楽しさも知らずに。

      それに子供達も大きくなってきて、ちっさな事でけんかしてる場合じゃなくなってきました。
      年齢的にも家族が病気や怪我をしたり、もっと話合わなければならないことたくさんです。

      「刺激し合えるふたりっていいね。」なんても言ってもらえるけど、家庭にはやっぱり刺激より安らぎが欲しいんです。


      でもそんなふたりが先月、ついに結婚10周年を迎えたんです。

      これは本当に嬉しかったなあ。

      「いろいろぶつかるけど、めでたく10年経ってよかったね。」
      ってふたりで乾杯しました。

      6月は彼の誕生日も重なるので、Tシャツをリクエストされた私は買い物に行きました。
      果たして彼の好みに合うTシャツを見つけられるのかドキドキしたけれど、
      それよりドキドキしたのはメッセージカードを選ぶ時。
      「どれにしますか?」ときかれて、
      「このグリーンのシンプルなのがいいです。」って普段なら言うところ、
      「うーん、このハートにしようかな、いやでもな、、、うーーん、、どうしよう、、、やっぱり、ここはハートで!!」
      ここも清水の舞台から飛び降りるみたいでした。

      店員さんは、「知らんわい!」と思ったことでしょう。
      そんなこととは露知らず、赤いハートのカードは紙袋の中に置き去りにされていたけど。

      ハートのカードくらいさらりと選べるくらい、女性には可愛げが必要なのかも、と最近思ったりもします。
      出来れば「(≧∇≦)」みたいな絵文字が使えると更にいいのかな?
      どうもきゃぴっと出来ない性分です。


      こんなふたりがやって来られたのも、家族や友達が居てくれたおかげだなあ、って思う。
      子供はいつも自然にそこに居てくれるし、もうだめだ!!っていう時は神がかり的に引き寄せさせるんです。

      友達は「まあまあ、まあまあ。」って言って一緒に飲んでくれます。
      そこにどれだけ助けられたことか。

      先週も、そんな友達が皆で家に遊びに来てくれました。
      美味しいお料理と、旬のお野菜やおつまみをたくさん持って。
      こどもが8人、大人が10人、狭い家はパンパンでした。

      大人が10人囲んでも、新しいダイニングテーブルはビクともしなくて、まさに本領発揮。
      椅子はまだ足りてなくて、友達がベンチやガーデンチェアを持ってきてくれました。

      それにしても皆お料理上手なんだよなあ。

      夫も友人が釣ってくれた大きなお魚をさばいて塩釜としゃぶしゃぶを作ってくれました。
      男性のお料理する姿はやっぱり格好いい。



      さて古いテーブルが何処にいったかと言うと、綺麗に裏側のネジまで磨き直して、
      ミシンの部屋に持って行き、ロックミシンを載せました。
      結局値段は関係ない、気に入って買ったものは、かならず次の居場所が見つかる。

      ものを大切に使っていくこと、お気に入りのものがひとつずつ増えていくのは幸せなことです。


      なんだかひとつずつ心配事が増えている様に感じる日本だけど、

      ただこんな風に生活を愛しみ、仕事をし、家族や友達と幸せに暮らせることへの感謝を持ち続けられる国であって欲しい。

      願うばかりでなく何か出来ることはないのかな、って改めて思う7月のスタートでした。

      2013.12.29 Sunday

      重さと軽さ

      0

        すごくいい天気でしたね。

        早朝からお風呂の大掃除をして達成感にひたっていたらラジオから、
        「29日にはお掃除しないほうがよい。」っていうお話が。
        日本古来の風習で、29日にしめ飾りを飾ってはいけないということを最近知ったので、
        昨日飾って「やった!」って思っていたら、大掃除もだめだったなんて。
        29日にすると、「苦」が来ちゃうのだそう。
        そんなのイヤだし、やっぱり「福」が来て欲しいし、
        あとのお掃除は新年またあらたな気持ちでやることにしよう。

        夏以来、ブログの更新が出来ずにいました。
        何度かパソコンに向かったのだけど、
        うまくその時の気持ちをまとめることが出来ずに途中でやめてしまいました。

        もともとプライベートが晒されているような状態は居心地がわるいし、
        お見せ出来るような素敵な生活をしている訳でもないので、
        展示の予定もなければついつい書くことから遠のいてしまいます。

        でもそのなんでもないような生活を、今とても、
        どうにかもっと充実させてくて、そう思いながら日々過ごしています。

        こども達は私にいろんな幸せをくれるのだけど、
        毎日いそがしすぎて、心から楽しい!、って言える余裕がないのが、
        最近すごく勿体ない気がしてきました。
        気づいたらもう来年ふたりとも小学生だし、可愛い頃をもっと堪能しなくては!!


        今月、私は40歳になりました。

        「40歳」

        書いても聞いてもずっしり来ます。
        まさかこんなに重たいものだったなんて。

        「40歳になった途端、お給料から介護保険がひかれるんだよ。」
        って友達からきいたり、
        クリスマスパーティーや忘年会にウキウキと出かけたら、自分がすごい年長者だったり。

        社会における自分の位置を考えると、ただならぬ気持ちになって来ます。

        実際に身体も重い。
        走る人を見るたび羨望の眼差し。
        風をきって走る、とかもう何年もやっていない!


        でもその「重み」に反して、
        もっと「軽やかに」生きていこう、ってひそかな決心をしました。

        ついつい考えすぎて、踏み出せないことたくさんある。
        でもたまには考えずにやっちゃって、後からどうしよう!
        ぐらいのスタンスでもいいかな。

        ダメな自分も、そろそろ受け入れて労わろう。

        ブログもまとまらなくても、さらりと素直に書いちゃおう。


        それから気になるひとへ。

        大切な時間をじゃましたらいけないと思っていたけど、
        もっとラブコールを送ってみよう。


        「40歳」は確かにぐっと来るけど、
        きっと10年後にはまた愛おしく感じられるであろうこれからの毎日を、
        心を解き放って楽しみたいな、って思っています。





        今周りにいてくれるひとに心から感謝しています。
        新しい出会いにも。

        今年も一年ありがとう。


        どうぞみなさんよいお年を。

        2013.03.31 Sunday

        ごちゃごちゃしています

        0
          どうしてこうも家の中がすっきりしないんだろう。
          ひとりの時から片付けるのは得意でないのに、
          家族がいると、モノが倍々で増えていく。
          中でも一番大変なのが紙の類。
          とうしてこんなに書類が多いのーー??
          幼稚園からは週末に、小学校からは不定期にやって来るお手紙。
          油断をすると予定をすっぽかしてしまうし、持ち物を持たせてあげられない。
          その上長女からの手紙の提出はいつも一歩遅れている。(誰似?)
          間違いだらけの漢字テストは、一度一緒に見てあげなきゃ、と思いながら追加されていく。
          こども達が毎日描き続ける絵や折り紙も、
          一生懸命つくる姿を見てると可愛くてなんだか捨てられない。
          これなら作れるかも、っていうレシピ。
          生協の注文書。
          記録をとろうと思いながらたまってしまう領収証。
          チラシに紛れてたまには大切な書類も届く。
          仕事のための資料もある。
          アイデアを描きためたもの、作ってみたい物のリスト。
          気になる人や、気になるブランド、気になる活動。
          行ってみたい場所。
          すべてデータ上で整理出来る人もいると思うけど、
          ブックマークをしたサイトは忘れてしまい、二度と見ることはない。
          紙以外にも、ものはたくさん。
          意外に悩まされるのは、こども達の洋服の整理。
          季節はくるくる変わるし、こども達はどんどん大きくなる。
          サイズの調整もしょっちゅうだし、しかもすぐに穴を開けたりする!
          こんな仕事をしていながら、ちょこちょこ縫ったりするのは苦手で。。
          でも!!
          これらのことをいかにスマートにこなしていくかはとても大切で、
          制作するための時間とスペースを確保できるかに直結している。
          ちゃんとしないと頭の中はどんどんこんがらがって来る。
          本腰を入れる前に、少しでもすっきりさせておなきゃ。
          それに、家の中は片付いていたほうが、やっぱり幸せだものね。
          愛着のあるものもたくさんある。
          ずっと持っていたいもの。
          でもすべてをずっと持ち続けることは出来ない。
          大切なものでも手放さなければならない時も来る。
          人との別れもつらいけど、物との別れも心がいたみます。
          中でも捨てるというのは、本当につらい。
          こども達にも、物を捨てることのいたみを感じて欲しい。
          世の中には物が溢れているけれど、
          私は出来るだけ捨てなくていい暮らしがしたい。
          だからあまり物を買わない。
          物を生み出す仕事をしながら、そんな風に考えていつも葛藤しています。
          なんだか文がまとまりません。。
          家の中と一緒です。
          綺麗に花も咲いているし、片付けたい気持ちは盛り上がってはいるのですが。。。
          ブログをはじめた当初、自分に課した目標は最低月2回の投稿。
          なんとかクリアしました。
          拙い文章を読んでくださった方、ありがとうございます。
          これからもどうぞよろしくお願い致します。
          さて今日はもう少しがんばったら、久しぶりに生の音楽を聴きに行きます。
           
          すごくすごく楽しみ!
          Calendar
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << December 2018 >>
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM