2015.03.01 Sunday

心のコップ

0




    昨年末のこと。
    娘の通う小学校で、とても楽しいお話を聞いて来ました。
    お手伝いさせて頂いているPTA主催の講座です。

    心理学の先生がいらして、いかにして子育てや対人関係を実りあるものにしていくか、
    且つどのようにしてそれを楽にしていくか、そのコツを教えてくださるというものです。

    専門用語では、「交流分析」、「ストローク理論」。
    ご存知の方いらっしゃいますか?
    私ははじめて耳にする言葉でしたが、調べてみるとネットにもたくさんの記述があります。

    ここで私がそれを説明するには奥が深すぎますが、
    どのような働きかけ、言葉がけをしていくかでその子は変わっていく、
    そこに生まれる人間関係も変わっていくというお話です。

    これは別に親と子の関係に限ったことではなく、大人と大人の間でも同じです。

    「ストローク」とは、その働きかけ、言葉がけのことです。
    そこには、「プラスのストローク」と、「マイナスのストローク」があり、
    それぞれに、「条件付」と「無条件」のものがあります。

    「条件付プラスのストローク」とは、がんばった時にあげるもの。
    例えば何かをがんばったから、褒める。ご褒美をあげる。
    勉強でもスポーツでも、お手伝いでも。

    それに対して「無条件のプラスのストローク」とは、がんばらなくてももらえるもの。
    優しく名前を呼ぶ、あたまを撫でる、抱きしめる、そっとお布団をかけてあげる。
    生まれてきてくれてありがとう、と言う。

    一方「条件付マイナスのストローク」は、ダメなものはダメと言う、うちはうち、と言う。
    そう、躾です。
    子どもはプラスのストロークで満たされていれば、これを受け入れることができるもの。

    残念ながら「無条件のマイナスのストローク」とは、、。
    暴力などの虐待です。身体的なものも、言葉も。


    人はそれぞれ心の中に「コップ」を持っている。
    それを満たしたいと願っている。
    そのコップに何が入っているか。
    プラスのストローク、しかも「無条件」のものがどれだけ入っているかが
    生きていく力になるということ。



    面白いなー、と思ったのはここからです。

    そのコップの大きさは、その子によって違う。
    同じ数の「プラスのストローク」が入っていても、
    ある子にとっては満足で、ある子にとっては満たされない。
    そういう状態があるということ。

    しかもそのコップは思春期には皆、バケツの様になってしまうのだとか。
    確かに思い当たる節がありますね。

    怖いのは、満たされないコップはマイナスのものを引き寄せてしまう力を持ってしまうということ。



    講座はまず自分が普段どんな風にこどもと接しているのか、
    「自己成長エゴグラム」で診断することからはじまりました。

    いただいた資料の項目を少しピックアップすると。。。

    CP
    時間を守らない事は、きらいです。
    無責任な人を見ると許せません。

    NP
    人をほめるのが上手です。
    人の気持ちをよく考えます。

    A
    「なぜ」そうなのか理由を検討します。
    分からないときは、分かるまで追求します。

    FC
    将来の夢や楽しい事を空想するのが好きです。
    すごい!わぁー!へぇー!、等の感嘆詞を使います。

    AC
    人によく思われようと振舞います。
    自分が悪くもないのに、すぐあやまります。


    CP 「厳格な親の心」、
    NP 「やさしい親の心」
    A 「理想的な大人の心」
    FC 「自由な子供の心」
    AC 「自分を抑える子供の心」


    先生はそれぞれの特徴をドラえもんの登場人物になぞらえて、楽しくお話してくださいました。

    そう、CPジャイアン、NPしずかちゃん、Aドラえもん、FCのび太、ACスネ夫です。
    ここでいうFC、ACの「子供の心」とは、大人の持つ「子供心」のことですね。


    人は自分の中にいろんなキャラクターを持っていて、
    その時々そのどれが強いかで、人への接し方が変わってきます。


    グラフにしたときに、真ん中のNP(しずか)、A(ドラ)、FC(のび)あたりが強ければ子供との関係もスムーズですが、
    CP(ジャイ)が強すぎると子供はつらい、そしてAC(スネ)が強い人は、もしかしたら少しカウンセリングが必要かも。。


    決してどれが強いから良い、悪い、の話ではなくて、
    自分の特性、状態を知ることで、人との関わり方を見直せる。
    様々な場面に合わせて適切なキャラクターで対応すれば、上手くいくし、楽になりますよ、と。

    意外にも私はドラえもんキャラが強かったです。

    のび太が強いと、本人はとっても幸せだけど、家族はとっても苦労するとか。笑
    でももしかしたら私は、もっと「のび太キャラ」を伸ばしたほうがいいのかも。

    いずれにせよ自己診断だし、その時によっても変わっていくものみたいです。



    参加されたお母さん方皆、真剣な眼差しの中、どっと笑いあり、時に涙あり、、。

    それぞれに考え方は違うけれど、日々葛藤しながら子供たちと接していることに変わりはない。
    そう思うだけで、心強くなります。

    あの時、あんなことがあったけど、あれでよかったのかな、
    自分の子育ては、これでいいのかな、
    こども達のコップは今、どんな様子かな。

    今日家に帰ったら、もっとこんな風に子供に接してみよう、って、
    それぞれに希望を持ちながら、家への帰り道を歩いたはず。


    でも実はいちばん励まされたのは、皆ここだったんじゃないかな。

    「こどもの心のコップを満たしてあげるためにまず必要なこと。
    それはお母さん自身の心のコップを満たしてあげることです。」




    「今日は学校でどんなお話をきいてきたの?」ときくハナに、「心のコップ」のお話をしたら、

    「もう、ハナのコップはあふれそうだよ〜。」

    って満面のふにゃふにゃ笑顔。
    ちょうどラトビアに行く直前だったからかな。

    ハナにはもっと甘えさせてあげればよかった、っていつも思ってきたから、
    こんな風に言ってくれてじーん、と来た。

    「コップが一杯になるとそれが溢れて、今度はまわりにあげられるようになります。」

    先生が話してくださったこと、そこまで伝えていないのに、
    ハナが「あふれる」って表現してくれたことが、とても嬉しかった。
    ああ、間違ってなかったんだなあ。。


    一方、ウタはと言うと。。
    今彼女のコップがどんな状態であるのか、想像もつかない。

    ウタにきいても、
    「うーん、わからない!!」って。

    実は「心のコップ」って、大きさだけじゃなくて、かたちもいろいろなんじゃないかと私は思ったのです。
    ハナと違って、「喜ぶぞー」って思ってかけた言葉が、空振りに終わること多々。
    コップのふちに当たって跳ね返って来る感じ。

    「ほんとだねー、よくわからないねー、どうしようねー。」
    ってウタと話しました。

    「ウタのコップはきっととっても大きいと思うけど、その口がすごく小さいか、かたちがデコボコなのかもね。」
    ってちょっとむずかしい話になりました。

    首をかしげながらきいていたウタですが、数日後、
    何かいい言葉をかけた時にものすごく素直な反応をしたので、私が嬉しそうにしたら、
    「ねえ、ウタのコップ、広がってきたかなあ?」って尋ねられた。
    気にして、覚えていたんだね。

    なかなか深い子です。
    どうしたら、心のコップを満たしてあげることが出来るかな?


    正直、時間をつくるのが大変だなあ、と思っていたPTAの仕事。
    でもどんな時でも、必要な出会い、大切な気づきがあるものですね。

    次の講座もとても面白かった。
    プロアスリートの夫と子(五人!)を食事とメンタルで支え続ける女性のお話。
    「プラスマイナスをする。」
    こだわるポイント、手の抜き方までお話してくださったのが、現実的でとても良かった。
    私なかなかいい線行ってるかも。

    こども達には、「40過ぎても踊れる軽やかな身体」をつくってあげたいと、いつも思っています。



    さて私の「心のコップ」ですが、まだまだ空き容量があるみたい。

    家族もいてくれて、友達もいてくれる。
    仕事も少しづつだけど広がってきて、これからの出会いがとても楽しみです。

    ずっと夢だった世界の美しい自然をもっと見てみたいし、世界中の音楽を聴きに行きたい。

    それにやっぱり住みたい場所に住みたい。
    そこにあたたかい家が欲しい。

    それからもうちょっとだけ、美味しいお酒を飲みたいかな。笑



    ところで、ドラえもんがのび太のところにやってきた理由を今回はじめて知りました。

    莫大な借金をしたのび太くんのせいでお年玉が50円しか貰えなかったセワシ君が、
    未来を変えるためにドラえもんをのび太のところに送りこんだそう。

    ジャイ子と結婚するはずだったのび太の未来は、ドラえもんが来てくれたおかげで、
    しずかちゃんと結婚して明るい未来を手に入れたのだと。

    どんな壮大な夢物語も、意外にシビアなところから始まっているものなんですね。

    ジャイ子の扱いがあまりに可愛そうだけど。

    2014.03.30 Sunday

    もしもわたしが社長だったら

    0



      雨の日曜日。
       桜が咲くとかならず雨が降る。

       子どもを産む前、世の中の「お母さん」という存在は何か近寄り難いようなオーラを発していて、
       自分にはとても遠く、関わることの出来ないもののように感じていた時期があった。

       いつも家にいて、その世界はとてもせまくて、所帯染みていて、やりたいことなんか忘れてしまって。。

       ひどい話です。

       まさか子供がこんなにも可愛くて、面白いものだとは思わなかった。
       そして子育てがこんなにも大変なことだったなんて、思いもよらなかった。

       「子育て」というのは、とてつもなく奥の深い世界なんだ。

       周りを見渡してみても、日々思い通りにいかないことの連続に対処し、
       誰かの為に動くのが当たり前で、しかも終わりのない仕事に従事しつづける。
       そんなすごい女性がたくさんいる。
       それまでと同じ24時間を、数倍濃く生きている。
       しかも愛情を持って。

       若い自分に戻って、あやまりたくなります。


       でもやはり、残念なこともある。

       「夢」を実現するということは誰にとっても並大抵でない努力が必要だけど、母親になるとそれは一層ハードルが上がる。
       自分中心に動ける時間なんてほとんどない。

       少しづつ大人になりながら、自分はどんな仕事をしたいのか、何になりたいか、何をして生きていきたいか、きっと皆考える。
       私もたくさん考えてきた。

       でもその夢を描く中で、「どうやって子を産み、育てるか。」ということを、ちっとも具体的に考えていなかった。

       どのようにふたつを実現するのかということを。

       どうやって赤ちゃんに向かえばいいの?
       少し大きくなった子供にはなんて言えばいいの?
       どうやって家のことをするの?
       どうやったら家族は幸せになるの?

       やっぱり自分のやりたい仕事もしたいのだけど、どうやって??

       皆そういうものかもしれないけど、
       試行錯誤しながらやっていくのかもしれないけど、
       はじめにプランニング出来ていれば、もう少し楽に出来たのでは。。

       学校で一人くらい、仕事を実現することと同時に、生活を思い描くことがいかに大切かを教えてくれる先生がいてもよかったのに。


       この社会はすべて小さな家庭がはじまりであるはずなのに、社会と家庭があまりにも分断されすぎていると感じる。

       母親は「子育ては大変だ。」と声をあげればあげるほど叩かれ、所帯じみた印象を与え、隔離される。
       電車でのベビーカー問題とかもそうだ。

       いくら待機児童を減らす対策をしたところで、子育ての大変さばかりが際立ち、女性が自分のやりたいことが出来なくなると感じているかぎり、日本の少子化はとまらないと思う。

       子を育てる環境は本当に大切だ。
       自然も含めて。

       そして不思議なことに、子どもを大っぴらに「可愛い」と言いすぎることもはばかられるような。。


       女性にはいろんな生き方、幸せのかたちがあると思うし、私自身も体調がわるく産まない生き方を真剣に考えていた時期もあった。

       でも子を授かって、今心から感謝している。
       月並みな言い方だけど、自分を成長させてくれたし、世界を広げてくれた。

       もしも私が社長だったら、「子育て」は立派な経験として応援する。

       もし恵まれているのに尻込みしている女性がいたら、
       「飛び込んでみて」と背中を押したい。

       いくら社会で晩婚化がすすんだとしても、人間の身体が動物としてその変化に対応していくわけではない。
       チャンスがあれば早く子どもを産んだ方がいいと思うし、生まれたらその子と向き合う時間をゆっくりとらないと勿体ないと思う。

       そしてそうしながら世界を広げようと努力し続ける女性がいたらいつでも門戸を開いていたいし、一緒に何かをつくりたい。


       でも実際にはわたしは社長ではないので、これは戯言で、一女性としての願いでしかない。

       幸せな家庭も、幸せな社会も、女性だけではつくれない。

       どのように生きるかを考えるべきなのは女性だけではなく、これからは男性にとってもとても大切だと思うし、
       そんな女性の生き方に共感し、力を貸してくれる男性がひとりでも増えてくれたらいいなと思う。

       そうしたら百万力。


       もう4月。

       しばらく子どもに関する記事がつづいたけど、
       いよいよ本格的に仕事をしたいな、って思っています。

       子育て中であることを売りにするつもりも言い訳するつもりもないけど、
       残念ながら大変だったことって時間が経つと忘れてしまうから、
       少しでも鮮明なうちに、感じたことを書き留めておきたい。

       そしてせっかく知ることの出来た世界と関わりをもちながら、仕事をしていきたい。

       みんな、所帯染みてなんかいないで、やりたいことやっていこうね。

      2014.03.15 Saturday

      ああ楽しかった

      0



        娘が卒園しました。

        もっと自分の時間が欲しい、早く自由に動きたいってずっと願ってきたくせに、いざそうなってくると途端にさびしくなるから困ったものです。

        一体何回「早く早く」と急かし続けたのかわからない毎日だったけど、
        心の内では「そんなに早く大きくならないで。」と思っている。
        世の中の母親の大半がそう感じているんだと思う。

        もうハイハイで突進して来ることもないし、
        手を焼いているうちにご飯が冷めてしまうこともない。

        私が何かをしていれば、傍らで何かに打ち込んでいる。

        そしていつか自分の道を行く。


        まわりにいる大人がどれだけ熱くせつない想いで見守ってるかなんて気づくこともなく、
        「卒園のうた」も「一年生のうた」もごちゃまぜで楽しそうに歌い続けている。

        もうにくたらしくなるくらいだよ。


        昨日の卒園式は、先生がひとりひとりのこども達を心から大切に思い接してきてくださったことが伝わってくる素晴らしいものでした。
        まるで我が子に接するようで、あんな風に想ってくださっていたなんて、たった一年でお別れするのはどんなにかさみしいだろうとそんな風に思ってしまうくらい。
        感謝してもしきれない。

        ありがとうございます。


        友達にも、家族にも。

        ここまで大きくなるのに、私自身も本当にたくさんのひとにお世話になったし、助けてもらったし、想いを受け取ってきたことを思い返して胸が一杯になりました。

        本当にありがとう。



        何年か前、何かの子育ての本を読んでいたとき。

        「ああ楽しかった。」

        という思い出をたくさんつくりなさい。

        って書いてあった。


        子育ては楽しいばかりじゃないし、思春期のようなむずかしい時期もある。


        そんな時に、小さい頃に経験した

        「ああ楽しかった。」

        って言う経験はいつも助けになってくれると。


        本当にその通りだと思う。

        大人だって、そうだ。
        人生も。


        下の子はまだ少し小さいけれど、
        これからは少しずつこども達との関わり方は変わってくるし、
        メンタルな悩みも出てくるんだと思う。

        でもだからこそ、

        「ああ、楽しかった!」

        っていう経験をこれからもっとたくさんしたい。


        昨日はなんでもないお酒がたまらなく美味しくて、夜もぐっすりでした。
        大きなしごとをひとつ終えたかのような達成感。


        さて今度はどんなことが起こるのかな。 

        2013.05.31 Friday

        梅雨、夏、そしておばあちゃん

        0

           

          予想以上に早く梅雨入りしてしまったから、この晴れ間がありがたい。
          花粉がすっかりなくなってからと思っていた羽毛布団にたっぷりと日を当てて、掃除機をかけ仕舞う。
          明日、ホットカーペットとダウンジャケットまでしまえれば、家が少しすっきりする。
          5月はこどもの行事が中心で、またまたあっという間に過ぎ去ってしまった。
          先日はバレエの発表会があって、いつものようにホロリと胸が熱くなる。
          今回は特に思い入れの深いパフォーマンス。
          舞台に立つこども達、先生方にたくさんの勇気をいただきました。
          長女はもう大きくなって来たし、そろそろ褒めるばかりじゃいけないぞ、
          と構えていたけど、彼女の姿を見たらやはり褒めるしかない。
          大きな舞台に立ってもまるで緊張する様子もなく、本当に楽しそうに、
          少し優雅さえ出てきてのびのび踊る姿にあっぱれと思う。
          次女は小柄でおチビちゃんに見えるから、ちょこちょこ動く姿が可愛い。
          でも気持ちはいっぱし。
          去年のように隣の子のスカートをめくって出す足を確認することもなく、
          随分しっかりとしてきました。
          家で鏡の前でなりきって踊る姿はずっと眺めていたいけれど、
          目が合うとパタリとやめてしまう。
          やりたい気持ちを内に秘めてしまうタイプだから、
          そのたがが外れる時が待ち遠しい。
          ブリブリの筋肉も頼もしい。
          バレエを習うというのはうわさに聞いたとおり、時間もお金もかかるものだなあとふれてみて思うし、すごい子はいくらでもいると思う。
          思春期になる頃、突然まったく違うことをやりたいって言い出すことも覚悟しつつ、あんなに生き生きとした姿が見られるなら、そしてこんなに好きだというなら、
          「父ちゃん母ちゃんがんばるべ。」と今は思うのです。
          そして先週は小学校の運動会。
          帽子とはちまきを忘れて登校、
          リレーの選手の補欠の立場でありながら、徒競走ではビリッケツという、
          ??な展開に度肝を抜かれつつ、
          祖父母やお友達、みんなでお弁当を囲んで楽しい一日でした。
          ついこの間一年生で、はじめての運動会をしたような気がしていたのに、
          5、6年生になって騎馬戦に参加するのもそう遠くない未来。
          あっという間に私はおばあちゃんになっちゃうんだな、って
          こどもの成長を見ながら思う。
          夏ももうすぐそこ。
          NY個展がいよいよ迫って来ました。
          6月は家事は手抜きモードでする、とここに宣言。
          「ひっちゃかめっちゃか」
          と称されないよう、すこしだけ気をつけながら。
          Calendar
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << December 2018 >>
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM