<< ちょっといいこと | main | 十年越の夢 >>
2014.08.31 Sunday

ありがとう夏休み

0

    夏が終わろうとしています。

    「ひと雨ごとに秋が深まる」なんて言うけど、今年は「ひと雨ですっかり秋」。
    もう少しゆっくり涼しくなってくれてもいいのに、地上に出られず仕舞いの蝉もいただろう。

    「夏休みは大変!」

    っていうお母さんが多いけど、私はそうは思わない。

    イベントイベント、って企画しなくてもこども達は勝手に遊んでてくれるし、自分もこどもの頃それで楽しかったし、

    って思うのはサービス精神が足りないのかな。

    たっぷり時間があるから普段できないことができるし、時間に縛られなくてよいのが幸せ。

    でもこう思うのは私が本格的に仕事をはじめていないからで、
    働きながら夏休みのこども達と一緒の時間を過ごすのは大変だよね。

    学校がはじまるとやっぱりほっとします。


    だけど今年の夏休みは本当にたくさんのことをしました。

    娘のはじめてのバレエコンクールにはじまり(賞をいただきました!)、

    はじめてのスイミング、夏祭り。

    そして北海道!



    一週間で道北から札幌までぐるりと巡る素晴らしい旅。
    いくつもの美しい湖を見て、知床の自然に触れることが出来たのはとても貴重な体験でした。
    自然はやっぱり心を解き放ってくれる。

    その昔、妹とふたり青春18きっぷで旅したことも懐かしく思い出しながら。

    でも実はこの旅には、もっと大切なテーマがありました。

    こどもの頃北海道で暮らしたことのある夫。
    今年喜寿を迎えるその父、そして母と一緒に、慣れ親しんだ土地を旅したい。

    そしてお世話になった方々に会いに行く。

    行く先々で再会が果たされる度、私もとても幸せな気持ちになりました。

    ひとのつながりっていいな。
    遠くに住む友達に会えるって、なんて幸せなことなんだろう。
    人生の喜びだなって。

    私もいつかこんな風に旅がしたい。

    それにしても今回の旅、大人数であんなに長い距離を移動して本当にたくさんの場所を周ったのに、
    行く先々の宿に着いたらお風呂に入ってもまだ七時前、その後ゆっくり夕ご飯をいただけたのです。

    普段は「もっとのんびりしようよ。」って喧嘩にもなってしまう私達ですが、
    あらためて夫の時間に対する感覚とまとめあげる力をすごいなと思いました。

    私にはとうていできない業です。
    ただ車の後部座席に座って、ねむたくなったら居眠りをして、美味しいものをいただいて、こんなに美しい景色を見せてくれて。
    なんて贅沢なのだろう。。
    ありがたいです。

    やっぱり彼は遊びの天才だ。

    夜は海の幸と日本酒で、毎晩ぽ〜っとしてました。
    たまにはお昼にも。

    まだ動くウニをスプーンで。
    天然の鮭はやっぱり美味しい。
    アブラガレイの塩鍋、最高!

    でもでも、なんと言っても私が一番美味しくて、今も恋しく思い出すのは、
    旭川の居酒屋さんでいただいた「インカのめざめ」の素揚げ、じゃがいもです。
    そして北海道野菜のバーニャカウダーに出てきた、紫色の生のオクラとマッシュルーム。

    愛情込めてつくられたお野菜ほど美味しいものはない!
    つくづく自分の味覚やからだは素朴に出来てるんだな、って思いました。


    北海道から帰ったらすぐ、今度は私の実家に帰りました。
    こども達を連れて、久しぶりにのんびり。
    腰の圧迫骨折をしてしまい、三ヶ月寝ていなければいけなかった母と、
    思いがけず一緒にお出かけが出来たのが嬉しかった。

    健康って本当にありがたいこと。
    からだは何より大切にしたいです。

    そして間をおかずに今度はキャンプ!
    恒例の富士本栖湖。
    (私はほんとは行った事ない場所に行きたいのだけど!小声。)
    でも今回はこれまでで一番いい場所にテントを張ることが出来ました。
    湖が見下ろせて、木陰で涼しくて。
    キャンプでこども達はますます逞しくなります。


    これをして、あれをして、次はこれをしてね、って、
    今回はなんだか子供の作文みたいになってしましました。
    たくさんの経験をひとつにまとめようとするからいけないのね。

    かたちになるものは何も残らなかったけど、思い出がたくさん出来た夏休み。

    「ああ楽しかった」っていう経験、こども達とたくさん出来ました。

    それが今いちばんやりたいこと。

    自立心が強い娘達、思った以上に早くこの手をはなれてしまいそうだから、
    一緒の時間を大切にしたいな、って思います。
    だって次女なんて二歳の時から、「はやくひとりぐらしがしたい。」なんて言うんです。
    なんでも自分でやりたい、ってことみたいです。


    そういえば、かたちに残るものもありました。

    長女は自由研究をとてもがんばりました。
    はじめて、ただ絵を描く、工作する、のではない「研究」らしい研究。
    不思議に思ったことを突き詰めて行くこと、それをまとめて仕上げていく作業。
    答えはきちんと出なかったかもしれないけど、それに向き合い集中した時間は、
    彼女にとってまたひとつ大切な経験だったと思います。


    気がつけば遠くで蝉が鳴いています。
    今日は少しだけ、夏の名残り。

    夫とこども達は今日も本栖湖でキャンプです。

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM